FC2ブログ
近年希に見るほどくだらない駄文とラクガキでおなじみ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人類滅亡まで、あと365日。
こにちはこばんわ。

クルマで秋葉原に行こうと思ったら駐車場の横に変な花が咲いてました。

13040601.jpg

春だね。

華やかな花の香りと共に訪れる暖かな季節。

心躍る季節です。

いや別に女人の人の生足とかが見られるから良いとかじゃないよ。

暖かくなって女人の人も軽めの服になって露出が増えるから良いんじゃないよ。

生足(^ω^)ペロペロ。

胸元(^ω^)ペロペロ。

とか全然思ってないよ。

極めてジェントルな紳士のボクがそんな事に興奮するわけがない。

女人の肌を見て興奮とか変態過ぎて処刑すら辞さないほどの変態ですよ。

そう言えば先日ガソリンスタンドにガソリン汁を入れに行ったんですが、

ボクの前でミニバンに汁を入れてる家族連れがいたんです。

んで小さくてかわいい女の子が後席のスライドドア開けて暇そうにしてたんですが、

まだ小学生っぽいそのおにゃのこ何とホットパンツでおもむろに太ももを披露しつつ、

太もも(^ω^)ペロペロ。

ピンクと黒のツートンなニーソを履いちゃって周りの民を淫靡に誘惑しちゃってるんです。

ニーソ(^ω^)ペロペロ。

信じられないなこの小さくてかわいいおにゃのこは。

どんだけ将来有望な女人戦士なんだ。

けしからん。

もっと露出しろ。

プンプン。

などと憤怒に満ち満ちていたボクなのですが、

なんとその小さくてかわいいおにゃのこがボクの方にケツを向けてきちゃったんですよ。

おしり(^ω^)ペロペロ。

いくら暇だからってそんなホットパンツにニーソなケツをボクに向けちゃうだなんて、

これもう犯罪です。

あんた加害者だよ。

公然猥褻言われても致し方ないほどにあんた露出しすぎだよ。

小さくてかわいいおにゃのこ(^ω^)ペロペロ。

小さくてかわいいおにゃのこ(^ω^)ペロペロ。

慨歎した。

さすがのボクも慨歎した。

こんな小学生ぐらいのおにゃのこが公然猥褻バリの露出で街中カッポしちゃうだなんて、

日本は今後どうなってしまうのか。

そのうち水着とかで街中歩き出すおにゃのことか出てくるんじゃないだろうか。

一億総露出世代とかが現れてみんな水着でカッポカッポし出すかもしれない。

恐ろしい。

そんな世代が出てきてしまったら一眼レフと良いレンズを買わざるを得ないではないか。

んで街中の写真を撮りまくっちゃうの。

偶然水着でカッポする小さくてかわいいおにゃのこが写っちゃうかもしれないけど、

あくまで風景写真を撮るだけだから問題なし。

うむ、

問題なし。

そんな時代が来て欲しいな。

などと妄言を吐いている今日この頃。

太鼓です。


いよいよ宇宙戦艦ヤマト2199テレビ放送が明日4月7日に迫りました。

ちょうど去年の4月7日はヤマト2199第一章の劇場公開の日。

まさかその一年後に念願のテレビ放送が実現するとは夢にも思いませんでした。

とは言えテレビ放送と言っても中身は劇場公開の内容そのまま。

若干の修正ぐらいはあるかもしれませんが、

これがどれだけに人に受け入れられるかは正直不安です。

劇場公開は限定BD売ったりグッズ売ったりでそれなりに成功してますが、

もしテレビの方がコケちゃったら今後の展開も減速してしまうかもしれません。

ってなことで関係者もそこら辺は考えてるらしく、

劇場公開の時とは比べものにならないぐらい宣伝している感じです。

その一環として某アキバblogさんでも紹介されてましたが、

4月5日と6日のテレビ放送前に秋葉原駅で何やらブースを出すそうで、

13040602.jpg

当然行って参りました。

秋葉原駅構内に鎮座する5mのヤマトの模型。

何という圧倒的存在感。

さすがはテレビ放送の力。

劇場公開の時はこんな大々的なことやってなかったよ。

しかし驚くのはヤマトの写真を撮る人の数と世代。

まさしく老若男女という言葉がしっくり来るほど若い世代からじいちゃんまで、

それはもう幅広い年代の人が多数訪れて嬉しそうに写真を撮ってました。

これだけ注目されてるとテレビ放送もそれなりにうまくいきそうな気がしてきます。

そして秋葉原駅のブースで特大新聞貰ってきた。

13040603.jpg


デカ過ぎて写真を撮る事すら困難なコレ、

ぢつは5日発行の東京の一部の新聞朝刊に折り込みで入ってたヤツらしいんですが、

悲しきかなボクの家は範囲から外れたらしく入ってなかったので、

5mヤマトの写真撮るついでに貰ってきました。

表は今までの名場面集的なモノで裏はでっかいヤマトの一枚絵でした。

13040604.jpg


14030605.jpg
ちゃんと第一艦橋にはクルーがいて艦長室に沖田艦長もいる細かさ


(・∀・)イイネ!!

こうしてヤマトがいろんな人に見て貰える。

昔からのヤマトファンとしてこんな良い時代を迎える事が出来てホント幸せです。

みんなも面白いから絶対見てね。

これから毎週日曜夕方5時はテレビの前に集合だ。

約束だよ!

太鼓でした。

スポンサーサイト
冥王の落日
こにちはこばんわ。

マジ最高。

マジ最高過ぎです宇宙戦艦ヤマト2199第二章。



PVで波動砲もワープもしちゃってちょっと出しすぎなんじゃないの思いましたが、

本編がPV以上の素晴らしい映像ばっかりで感動しまくりの連続でした。

木星の浮遊大陸では対艦戦の主砲の威力にヒョホー!って興奮し、

波動砲で浮遊大陸吹っ飛ばしたときはヒャハー!って叫びたくなっちゃって、

冥王星での対反射衛星砲戦はあまりのかっこよさに涙を流し、

ガミラスの冥王星基地陥落の瞬間は心の中でガッツポーズ。

なんて言うか、

あまりに素晴らしすぎて言葉に出来ない。

それぐらい感動が大きいのです。

復活篇?

しらんな?

そんなもん見たこと無いわ。

って言っちゃうぐらいヤマト作品の中では近年希に見る良作です。

ヒョホー!

ちなみに劇場限定販売のBDですが、

何やら映像特典に不備があったとかで当日販売は中止され、

通販で後日発送になりました。

悲しい。

あんなに面白い第二章が家帰ってすぐに見られない。

何という拷問。

何という拷問なんだチクショウメ。

さすがのボクも待ちきれずトロリと脳が蕩けちゃいそうになりましたが、


12071101.jpg

その待ち望んだBDが昨日ようやく到着しました。

見た。

寝る間も惜しんで速攻見た。

劇場での鑑賞も良かったですが、

やっぱり家で何度も見られるってのは素晴らしいですよね。

特に波動砲とかコマ送りで見たいとこなんかはじっくりと鑑賞できるんで、

相当に相当満足度が高いです。

ってな訳でこれからまた鑑賞会が始まります。

もう何回見たか分かりませんが、

まだまだ全然見足りないので毎日見ちゃいます。

楽しみだ。

みんなも見てね。

太鼓でした。

太陽圏の死闘
こにちはこばんわ。

明日です。

いよいよ明日に迫りました。

そう、

皆さんご存じ宇宙戦艦ヤマト2199第二章「太陽圏の死闘」の公開日が。

速攻、

マジ速攻でピカデリーの初回を予約した。

DCF00011.jpg

そしたらなんか前と同じK-15の席になっちゃってビックリした。

DCF00237.jpg
↑前回第一章のチケット

いやね、

やっぱりみんなもの凄く楽しみにしてたみたいで、

26日朝9時の予約開始と同時に既にいくつかの席が取られてて、

さらに予約開始1分後にはもう席が半分ぐらい埋まっちゃってるの。

んでボクもどの席にしようかとウニャウニャ迷ってたらどんどん席が埋まっちゃって、

もう真ん中後ろ辺で空いてたらどこでもいいやと予約したらなんと前と同じ席だったと、

つまりはそういうことなんです。

つー訳で明日はまた5時起きで朝8時からの初回の上映を見てきます。

初日の初回と言う何とも優越感に浸れる回なので、

これは相当に相当気合いを入れて見るしかありません。

ってなことで明日に備えてもう寝ます。

皆様御機嫌よう。

太鼓でした。

次元波動爆縮放射機 通称「波動砲」
こにちはこばんわ。

宇宙戦艦ヤマト2199第二章「太陽圏の死闘」のPVが公開されました。



良すぎ。

マジPV良すぎ。

確実に第一章よりパワーアップしてるのが見て取れます。

まだPVなのに出し惜しみしなさ過ぎで逆に心配になる程の内容の濃さ。

ワープの空間を超越してる感の演出。

爆発音の後にあるパリン♪。

コスモファルコンの発進シーン。

波動砲発射時のワンテンポのタメ。

どれをとっても最高です。

しかしなにより波動砲の最終兵器たる存在感。

あまりのマップ兵器っぷりにこりゃガミラス勝てねぇわとか思っちゃいましたが、

対するガミラスの反射衛星砲がこれまた小気味よい強さで気持ちいい。

PV見た感じでは対反射衛星砲戦は前作とは違う感じに作られてるようなので、

6月30日の劇場公開が楽しみでなりません。

今もPV見ながらこの日記書いちゃってるぐらいに興奮しまくっちゃってるので、

劇場公開までの約一ヶ月間はテンションマックスで過ごせそうです。

ちなみに今日は第一章のBD・DVDの発売日です。

超面白いからまだ買ってない人はぜひ買ってね。

太鼓でした。

遥かなる旅立ち
天一号作戦が発動され沖縄海上特攻を行うも、

米機動部隊の猛攻を受け1945年4月7日に坊ノ岬沖合に沈没。

しかしながら、

現在をしてなお世界最大の戦艦として受け継がれている象徴的存在、

戦艦大和。

その大和が沈んで実に67年。

戦後と呼ぶのも憚れる程に時が経った運命の日、

大和は再び蘇る。


こにちはこばんわ、太鼓です。

DCF00237.jpg

ってことで無事復活を遂げた宇宙戦艦ヤマト2199の劇場公開に行って参りました。

行っちゃった!

行っちゃったよコンチキショウ!

ムヒョームヒョー!!

興奮せざるを得ない。

マジで興奮せざるを得ない。

ちなみに冒頭でもお伝えしたとおり、

公開日の4月7日は戦艦大和が沈んだ日でもあります。

この感慨深い日に無事公開されたことに対し関係者の皆様へ最大限の感謝を。


さて中身ですが、

これはもう見た方がいいと。

PVでもなかなかにスタイリッシュで今風な感じになってましたが、

中身が昔の良いとこを取り入れつつかなり洗練されてました。

CGで動かされた艦艇の動きが軽すぎて風船みたいになっちゃってますが、

それ以外の手描きの艦艇があり得ない程にキレイすぎるので、

近年希に見る程相当に相当素晴らしい事になっています。

ちなみに劇場限定版のBD1巻ももろちん買いました。


DCF00240.jpg

1話の絵コンテ付で八千円もしましたが、

それを補って余りある満足感。

全力で大人の財力発揮。

制作スタッフへのお布施として有無を言わさぬ散財。

もはや義務だね。

ヤマトマニアとしての絶対遵守の義務だね。

ボクはこれを買う為に生まれてきたと言っても過言ではないぐらいに義務だね。

つーことで今後も全部劇場に行って劇場限定BD買う予定。

2巻以降は4話収録で九千円に値上がりしますが、

そんな瑣末事を気にしてるようではヤマトマニア失格なのです。


そんなこんなで公開された宇宙戦艦ヤマト2199、

通常版のBDとDVDが5月25日に発売されます

久しぶりにヤマト見る人も、

ヤマト見たことない全ての民にも超オヌヌメ。

劇場まで見に行けなかった人は是非買って見てみてね。

太鼓でした。

\アッカリ~ン/

TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト

シェルノサージュ
リンク
RSSリンクの表示
ヒャハー

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。